キッチン・バスルームのリフォームで暮らしを快適に

修繕

syuuzen

リフォームとは、老朽化した建物を建築された時の性能に戻す修繕工事のことを指す。主に壁紙(クロス)の張り替えや新しいシステムキッチンの導入、畳の入れ替え、手すりの取り付け、庭の修繕などと言った比較的小規模な工事をリフォームと呼ぶ。
近年ではこのリフォームを行なう人が増えているが、その理由としては70年代~80年代に供給された戸建住宅やマンションが多く存在しているということに加え、景気低迷によって建て替えや買い替えということが難しくなっていることが原因として挙げられる。

また少子高齢化に伴って、バリアフリー化・高齢者向けの住宅リフォームと二世帯住宅へのリフォームが増えているということも考えられる。
こういったことのほかにも、阪神淡路大震災を受けてから、耐震強化を目的としたリフォームを行なうところも増えており、こうしたことがリフォームの需要をが増えている理由である。

リノベーション

リフォームと似た言葉にリノベーションというものがある。最近ではこのリノベーションの需要も増えている。意味合いが似ているため同じ意味として捉えている人が多いが、実際にはその定義は違う。
リノベーションは本来建物が持っている性能にさらに付加価値を取り入れ再生させることを指す。場合によっては用途なども変更する。ただリノベーションはかなり広い範囲で使われており、デザイナーリフォームをした物件に関してもリノベーション物件と呼ぶことがある。

さらにこのほかにもコンバージョンという言葉があるが、これも建物の用途を変更して改修工事を行なうことである。

明確化

meikakuka

リフォームを行なう際に求められることは、施主がどうしたいのかということを明確にすることである。今現在何に困っているのか、また何が不要なのかということをはっきりさせることで、リフォームに対する要望を簡略化することができ、また修繕工事にかかるコスト削減にも繋がる。
要望を明確化しないと、求めることが増えてしまい結果予算オーバーになってしまうこともあり、また場合によっては修繕工事によって住宅のバランスが崩れ、家のグレードそのものを下げてしまうことも考えられる。

予算の関係もあるが、まず工事を検討する場合は今現在の居住空間においてどういったことが不満なのかを考えることが重要である。その上で細かくどの部分をどうしたいのかということを明確化することで無駄のないリフォームを行なうことができる。

NEWS

2014/01/14
エレベーターを更新しました
2014/02/13
温水洗浄便座を更新しました
2014/01/28
リニューアルを更新しました
2013/10/15
基本形を更新しました
2013/10/15
風呂場を更新しました